小玉理恵子の死因は?結婚(夫)していたのか?学歴・経歴は?結婚(夫)していたのか

ゲーム
スポンサーリンク

 ゲームクリエーターの小玉理恵子さんが亡くなっていることが「メガドライブミニ2」のスタッフクレジットに追悼メッセージにてわかりました。

 40年以上SEGAでゲームクリエイターとして開発に携わってきた方はどうして亡くなったのか。ご家族はいたのかなどまとめていきたいと思います。

 最後には小玉理恵子さんの素顔にも迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

小玉理恵子の死因は?

まだ死因が特定されておらず、情報はありませんでした。

小玉氏の死去については、本日10月27日に発売されたメガドライブミニ2のクレジット画面から判明した。「In memory of Rieko Kodama」という同氏を偲ぶメッセージが存在することをユーザーが発見し報告したのだ。その真意について問われたプロデューサーの奥成洋輔氏は、小玉氏が亡くなったことを示唆するコメントを返している。そこで海外メディアIGNがセガに確認をしたところ、同氏が今年5月に亡くなったことを認めたという。なぜ亡くなったのかなど詳しいことについては、小玉氏の家族に配慮して伏せられたとのこと。

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20221027-224348/

上記から、小玉さんの家族に配慮して伏せられているとのことですので、今後情報が出ることもないのではないでしょうか。

”2022年5月9日に亡くなった”との記事があり、約半年間も情報が出ていなかったことになりますね。

闘病していた等の情報もないことから、急死や事故の可能性が考えられますね。

小玉理恵子の旦那は?

小玉理恵子さんが結婚して夫がいるかどうかは情報がありませんでした。

小玉理恵子さんのFacebook、Twitterには父親や母親のことは載っていましたが、夫や子供に関するものはありませんでした。

セガと結婚というインタビュー記事があったくらいでしたので現実には結婚をせず独身だったのかもしれません。

小玉理恵子のプロフィール、学歴・経歴は?

名前:    小玉理恵子(こだま りえこ)

生年月日:  1963年5月25日 (2022年5月9日:享年59歳)

出身地:   神奈川県

血液型:   A型

学歴:    横須賀大津高等学校→日本デザイナー学院→就職(セガ)

職業:    ゲームクリエイター

学歴

 大学進学時に考古学と絵の勉強がしたいと思い進学を目指すも大学受験に失敗してしまいます。

 そして絵の道へ進むべきと考え、広告デザインの専門学校にデザイナー学院へ進学しています。

 専門学生時代の先輩にセガの社員がおり、これまで触れたことのないゲームの世界に惹かれ卒業後にセガに就職しています。

職歴

1984年にセガへ就職しています。

入職後はゲームキャラクターのデザインを担当します。

その後にディレクターやプロデューサーという立場でゲームに関わっていきます。

2019年にゲーム業界の発展に貢献した開発者に贈られるGame Developers Choice Awards(以下、GDCアワード)のパイオニア賞を受賞しています。

パイオニア賞受賞のインタビューにて入職後からのエピソードを紹介

〈セガ・エンタープライゼス入社したきっかけ〉

・ゲーム会社が何をやっているかわからなかったから

・自分で物を作る会社に入りたいと思ったから

・専門学校での先輩がセガの社員だったから

入社のっきっかけからもクリエイティブな考えを持っていたことが分かりますね。

〈いつからゲームに興味があったのか〉

ゲームに触れてはきていたが、入職に影響はなかったため、入職後から

 実家が喫茶店を経営されていて高校生頃からゲームには馴染みがあったそうです。

店を閉めてから『スペースインベーダー』や『ギャラクシアン』といったタイトルで遊んでいたそうです。

ディレクションの仕事をしようと思ったきっかけ

『千年紀』の開発を経たことがっきっかけ。開発チームはプランナーが存在しなくて、4人で企画立案をしようというところから始まっていて、徐々にプログラマーやサウンド担当者も、我々のチームと同じ部屋で作業をするというイレギュラーなチーム編成で。開発中はそうは思っていなかったけれど、振り返ってみるとそこで“ゲームの全体を見る仕事”をやりたいなという気持ちが強まって、転向した

 その後、1年単位でタイトル発表をしていくことになります。

 入社当初から“ゲームをどうおもしろくするか”と“それをどうやって宣伝して売るか”を根幹に考えて作成していたとも語っていました。

 常にゲームを面白くすることとどのように宣伝するのかを考えられるのは専門学校で学んだことと、新しいものを常に求めるクリエイティブな考えの小玉さんだからできたことなのでしょう。

〈プロデューサーになって気をつけていたこと〉

 内部と外部に大人数のスタッフを抱え、どうやったらスタッフのみんなの仕事がしやすくなるかの環境作りを意識するようになりましたね。

常に新しい物を求めていたため、リメイクなどでは前の物を振り返らないことも挙げていました。常に開発現場にいるため、毎回これが最後と思いながら作っていたそうです。

すごい魂を感じますね。

〈今後の展望〉

女性をターゲットにしたRPGやアドベンチャーゲームを作りたい

 このように発言されており楽しみでしたが、最後見れずに終わっています。

小玉理恵子さんのまとめ

とてもクリエイティブで素晴らしいまさにゲーム業界のパイオニアとして活躍された方でした。

まだ50代とお若い中での訃報に残念な気持ちになりましたね。

死因はわかりませんでした。

また、結婚相手(夫)やお子さんの有無もわかりませんでしたが、ゲームに毎年紳士に向き合っていて大変だったことから、独身だったのではないでしょうか。

これまで多くのゲームを生み出して私たちを楽しませていただきました。

今後もセガには思いを受け継いでゲーム開発していただきたいです。

最後に小玉理恵子さんのご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました