2022W杯イングランド代表がイケメン!プレースタイルも調査!スタメンやフォーメーションは⁉︎

W杯
スポンサーリンク

2022年はカタールでサッカーの祭典W杯が開催されます。

日本国も出場が決まって盛り上がりを見せていますね。

優勝候補の1つであるイングランド代表も出場選手が発表されました。

そして、写真も公開されると”「イケメンだらけ」「最高にかっこいい」”と話題になっています。

なので今回はそんなイングランド代表のイケメン選手やスタメン予測、フォーメーション予測をしていこうと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

イングランド選手の中でもイケメンな3選手

イングランドの選手はイケメンが多くて選びきれませんが、特にイケメンな3選手をピックアップしてみました。

7 ジャック・グリーリッシュ

19 メイソン・マウント

13 ニック・ポープ

7 ジャック・グリーリッシュ

1322734133

■所属:マンチェスター・シティ

■背番号:10

■ポジション:MF

■1995-09-10

■178cm/68kg

■国籍:イングランド

MANCHESTER, ENGLAND – AUGUST 03: Manchester City’s Jack Grealish, Kevin De Bruyne and Erling Haaland in action during training at Manchester City Football Academy on August 3, 2022 in Manchester, England. (Photo by Tom Flathers/Manchester City FC via Getty Images)
1425932721

 マンチェスター・シティでは背番号10番を付けてプレーしています。

 しかしまだ結果が思うように伸ばせていない様子です。

 今大会のカタールワールドカップでは背番号7番をつけて出場予定となっています。

【プレースタイル】

グリーリッシュはフィジカル的に恵まれいるわけではありません。

しかし、プレミアリーグトップクラスのボールキープ力ドリブルのテクニックを武器に活躍しています。

特にドリブルはスピードに乗った状態、静止した状態のどちらも非常に得意としており高レベルのテクニックで相手を簡単に交わしていきます。

ワンタッチでいなしたり、相手を揺さぶったりとドリブルの引き出しは世界でもトップクラスに多いです。

 グリーリッシュは左サイドでボールを右足でカットインをチラつかせながら縦突破を選択したり、フェイントを織り混ぜカットインし、高精度のシュートを放つことができます。

 左サイドでの連携も研ぎ澄まされており、グリーリッシュが敵数人を惹きつけてからそのDFの背後をとるオーバーラップをする味方サイドバックにパスを出し一気に局面打開をします。グリーリッシュの類まれなるキープ力がなせる神業です。

ドリブルとキープ力がいいため、もちろんパスもトップレベルです。

これも彼のテクニックとキープ力ベースとなっていて、前線でためを作って、後方から猛ランニングしてきた味方にドンピシャのパスを合わせます。

スルーパスのタイミング、場所、強さともに最高のパスを左右両足から生み出すことも可能です。

【王子様イケメン】

若い頃より注目されている選手でプレイボーイで有名です。

彼女はサシャ・アットワードさんというモデルをされている方だそうです。

しかし浮気などのスキャンダルは絶えないのだとか…。

19 メイソン・マウント

1322736308

■所属:チェルシー

■背番号:19

■ポジション:MF

■1999-01-10

■178cm/70kg

■国籍:イングランド

1391974058

【プレースタイル】

マウントは強いメンタルキックの精度が最大の武器です。

チェルシーに移籍した当初は経験の浅い若手選手であったマウントです。しかしプレミアリーグ1部のチームに移籍して即戦力になっていることからメンタルの強さがわかります。

世界的なクラブだけあって周囲からのプレッシャーも並々でない中ですが、しっかりと周りの期待に応えるどころか期待を大きく上回る活躍を見せています。

そんな強いメンタルともちろんプレーも最高です。

特に正確に決まるキックの精度が最大の武器と言えるでしょう。

現在のチェルシーではセットプレーのキッカーは基本的にはマウントが務めています。

右足から放たれる高精度のボールは最終ラインにフィジカルゴリゴリ、

空中戦強いマンを多く抱えているチェルシーにとって大きな武器となっています。

マウントは一流のサッカー選手の中では小柄な体格ですがシュートの威力は十分に強く、スピードが速いです。

球種は基本的に鋭く曲がりながら落ちるボールです。

オープンプレーの中でも持ち前のキック精度を生かした強烈なミドルシュートという飛び道具をマウントは持っています。

カットインしてからのミドルシュートはもはやマウントの強い武器となっています。

ミート力が高いということで、味方のクロスボールやこぼれ球にボレーを合わせるも得意としています。

ロースコアゲームで重要な勝ち越し弾を決めるなど、マウントの選手としての株は上がり続けています。

また、90分間走り続けるだけのスタミナも十分に備わっており、攻守ともに奮闘できる選手です。

攻撃重心の選手かと思いきや、実は守備もかなりハードにいきます。

強いメンタルと持久力で相手選手のキーマンを潰すしながら攻撃にも正確なパスやシュートで加われる選手です。

マウントのランニングはとても効果的で状況に応じて間で受けるだけでなく積極的に裏抜けも狙います。

味方のためにスペースを作るランニングも得意としており、数字につながらない点でもマウントは強みを持っています。

基本的にマウントは間で受けるのを好む選手ですが、スペースに入ってくるタイミングはチェルシーでスタメン級だけあって非常に巧みです。

 スペースの上手な生かし方に加えて、繊細なボールコントロール、ドリブルを可能にするテクニックと、素早い判断を下すための状況把握能力、処理能力があるマルチな才能を持った選手と言えます。

【イケメン情報】

顔の彫りが深く笑顔が素敵なイケメンです。

ちなみに彼女がいらっしゃいます

クロエ・ウィリアムズ・ワットさんという歌手活動やモデル活動をされているとても綺麗な方です。

13 ニック・ポープ

NEWCASTLE UPON TYNE, ENGLAND – AUGUST 06: Newcastle United Goalkeeper Nick Pope arrives for the during the Premier League match between Newcastle United and Nottingham Forest at St. James Park on August 06, 2022 in Newcastle upon Tyne, England. (Photo by Serena Taylor/Newcastle United via Getty Images)

■所属:ニューカッスル

■背番号:22

■ポジション:GK

■1992-04-19

■191cm /76kg

■国籍:イングランド

【プレースタイル】

 基本姿勢とポジショニングは上半身を常に起こして腕を前に出した姿勢が基本です。

 そして相手がどこからシュートを打って来ようと、その姿勢をほとんど変えることはありません。

 多くのGKが行うシュートのタイミングで腕を振る動作はせず、多くのセーブをできるのはとにかく準備に無駄がないからだと思います。
 無駄のなさはポジション移動にも表れており、ゴールポストを結ぶ半円のなかでサイドステップ、クロスステップを効率よく使い分けていて、教科書通りのようなポジショニングをしていました。
 プレジャンプも身長の高さからかみられない。ときどきシュートのタイミングに合わせてステップを入れるが、ほかのGKによくみられる大きな動作ではなく、ほんとに小さいです。
 ここまで準備のフェーズがあまりないため、動き自体が鈍そうに感じられるが、そうではなく”無駄がない”ためです。

 また、彼の特徴となるのが、足を使ったセーブです。
 高重心の基本姿勢ともつながるが、上半身を起こした姿勢でも守れるのは足と手のセーブをうまく使い分けているためです。

低い、地を這うようなシュートに対しては足を巧みに使って防ぐ。それ以外では身体を崩して手でセーブできる。

この使い分けは彼のプレーのみどころのひとつです。

一対一のブロッキング時には特に開脚しながらの突撃型ブロックが得意としています。

自陣にボールがある場合、基本的にゴールエリアラインが一番高いポジショニングをとっています。

それ以上は、状況によりけりだが高いポジショニングはあまり取りません。

ポジショニングの基準となるのはボールだけでなく、相手の位置も関係していますが、サイドにボールがあるとつられてボール側にポジショニングを取りたくなるが、ニアに相手がいないならニアに立つ必要がないので、中央に立つことが多いです。
 彼のハイボールの強さは数字にも表れている。今季ここまで78本のハイボール処理数はリーグトップです。

【高身長イケメン】

甘いマスクで高身長でゴールをセーブする姿にファンはやられてしまいます。

調べてみると彼女がいます。シャノン・ホーロックという女性です。

SNSは見つけられませんでした。しかし応援に駆けつけている姿が目撃されています。

スタメンとフォーメーション予想

基本のフォーメーション

9/26:ドイツ戦の最新フォーメーション

(今後試合が進むにつれてスタメン、フォーメーションを更新していこうと思います。)

まとめ

いかがでしたか?

W杯での活躍が期待できるイングランド代表選手を”2022W杯イングランド代表がイケメン!スタメンやフォーメーションは⁉︎”と題して見ていきました。

イケメンで才能溢れる選手ばかりで期待が高まりました。

フォーメーションについてはどうなるか楽しみです。

それでは、W杯を楽しみましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました